藤崎 了一

2016-04-21
「Vector of Energy」はじまりました!

160421voice

 

本展は2年半ぶりのGallerist’s Eyeシリーズとなる、藤崎了一さんの個展です。藤崎さんにとっても地元大阪(関西としても)では初めての個展ですので、作品は初見の方が多いかと思います。昨年のART OSAKAでは、KANA KAWANISHI GALLERYから写真作品を出展していましたので、その時にご覧になられた印象を持ってお越しになられている方もちらほらおられます。

素材・技法の組み合わせから導かれる「現象」的表現と、身体感覚に依った「制作行為」の大きく二つの要素を軸に、写真、映像、立体と複数の表現スタイルを駆使して、コンセプトの深化を推し進める藤崎さん。昨年より個人としての制作活動を再開し、個展とグループ展も重ねて開催してきましたが、全ての表現スタイルを一堂に展示する機会は、藤崎さんにとっても本展が初めてになります。

さらに本展では、会期初日に実施しましたライブパフォーマンスの痕跡と記録映像も合わせて展示して、実質4種類の作品群が一堂に並ぶ、一見盛りだくさんな内容です。これら藤崎さんの4種類の作品の相互関係を確かめ、その解釈を深めていくことに主眼を置いた展示構成にしています。本展のテーマでもある「エネルギー」と「ベクトル」、そして「偶然性」や「解体と構築」など、藤崎さんの表現を読み取るキーワードも、本展内にあえて多数散りばめています。この1か月半の会期の中で、みなさまと共に意見交換を重ねて藤崎さんの世界観を一つ一つ丁寧に捉えていければと思います。

また、もう一つの本展の見どころとしては、特にパフォーマンスと映像作品の展示が、これまでのttkの展示の中でも珍しい空間づくりになっています。展示空間の個性の強さが特徴のttkの空間ですが、サイトスペシフィックの意識からあえて意図的に距離を置くことで、個々の作品群の存在感と結びつきが強調された展示になっていると思います。ttkの空間や過去の展示を定期的にご覧いただいている方々には、本展の意外な空間構成もお楽しみいただければ幸いです。

そして今週23日の土曜日は、KANA KAWANISHI GALLERYの河西香奈さんをお迎えしての「ギャラリストトーク」を開催いたします。ttkでは2回目のギャラリストトークですが、河西さんと山中の2名のギャラリストが、それぞれ藤崎さんの表現をどのように捉えているのか。その違いや共通点の比較から、藤崎さんの表現の位置づけはもちろんのこと、作家に向き合うギャラリストの思考の個性や広がりにも触れていただければと思います。土曜日17時からのスタートです。ぜひみなさまのご参加をお待ちしております。

Tags:,
Posted in VOICE |

 

2016-04-18
藤崎 了一「Vector of Energy」 ギャラリスト・トーク開催 4月23日(土)17:00~18:30

日時:4月23日(土)17:00~18:30
河西 香奈(KANA KAWANISHI GALLERY 代表)、山中 俊広(the three konohana 代表)、藤崎 了一(アーティスト)

 

先週の土曜日から始まりました藤崎了一さんの個展「Vector of Energy」、初日のライブパフォーマンスに続きまして、もう一つの関連イベントとして今週の土曜日、4月23日の17時から弊廊にてギャラリストトークを開催いたします。
藤崎さんの取扱ギャラリーであり、本展にご協力いただいておりますKANA KAWANISHI GALLERY(東京)のディレクター河西香奈さんにお越しいただいてのトークショー形式です。

当展の内容を通じて、河西さんとttk山中、それぞれのギャラリストの立場から藤崎さんの作家像について語り合う内容です。作家の藤崎さんにももちろんお話に加わっていただきます。「Gallerist’s Eye」シリーズの主旨にも関連する、ギャラリストと作家との協働のかたちについても話題を広げていければと思っております。ぜひお誘い合わせの上、多くのみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

Tags:,
Posted in NEWS |

 

2016-04-16
Gallerist’s Eye #2 藤崎 了一「Vector of Energy」

1604fujisaki_banner2

 

藤崎 了一 「Vector of Energy」 展示記録

藤崎 了一 展に関する、掲載プレビュー・レビューのご紹介

 

Gallerist’s Eye #2
藤崎 了一 「Vector of Energy」
2016年4月16日(土)~5月29日(日)

開廊時間:木・金曜 15:00~21:00/土・日曜 12:00~19:00
休廊日:毎週月曜~水曜
会場:the three konohana

協力:KANA KAWANISHI GALLERY

≪関連イベント≫
・藤崎 了一パフォーマンス「Energy Equal」&オープニングパーティー 4月16日(土)17:00~

・ギャラリスト・トーク 4月23日(土)17:00~18:30
河西 香奈(KANA KAWANISHI GALLERY 代表)、山中 俊広(the three konohana 代表)、藤崎 了一(アーティスト)

* * *

このたびthe three konohanaでは、藤崎 了一(Ryoichi Fujisaki, b.1975)の個展を開催いたします。本展は2013年秋以来の実施となるGallerist’s Eyeシリーズの企画として、東京のKANA KAWANISHI GALLERYの協力にて開催いたします。

藤崎は、京都市立芸術大学で彫刻を専攻したのち、一昨年まで京都の複合型スタジオ「SANDWICH」のテクニカル・ディレクターとして、現代美術家・名和晃平氏の作品制作管理を担当しました。昨年から個人としての作家活動を再開し、東京を中心に個展、グループ展の作品制作・発表のみならず、幅広いジャンルの人々とのトークショーの開催など、学生時代からのブランクを全く感じさせない、かつ「SANDWICH」での経験に培われた精力的かつ多岐にわたる活動を展開しています。

出身地の大阪で初めての個展となる本展は、地元でのお披露目として昨年の作家活動再開時からのコンセプトに沿った作品群と、これからのコンセプトの深化を推し進めるための新たな実験作の、大きく2つの内容で構成します。藤崎は立体作品をはじめ、写真や映像などジャンルにとらわれずに制作をおこなっています。素材技法の違いに関係なく、自らの身体感覚を制作行為に直接反映させるプロセスを通じて、偶発的な物理現象を作品に取り込みながら、作品が成立する基準の探求に努めてきました。単純な制作行為と素材への執着から状況的要素および造形を作品内に留めるアプローチや、素材の特性を引き出した制作行為によって、自然物が作り出す造形との関係性の考察にも取り組んでいます。これらは並行して、彫刻を起点とする彼自身の身体感覚と造形表現から得られるリアリティを確認する作業でもあります。

本展では、新たに「エネルギー(力量)」への考察が、これまでの作品群の延長線上の表現として加わります。本展のオープニングイベントにておこなう、藤崎自身による制作パフォーマンス「Energy Equal」が、今後の彼の展開を示唆させるものとなります。素材に解体と構築、対極のエネルギーを等しく与える行為を積み重ねて、作品化へ結び付けていくこのパフォーマンスには、ただ作品制作のプロセスを提示するだけではなく、一方向ではないエネルギーのあらゆるベクトルが交わって、作品を成立させていく視点を強調させる意味があります。人為的なエネルギーの多様性と、素材の持つ物理学的なエネルギーとその特性から生じるイレギュラーなエネルギー。これら複数のエネルギーのベクトルが組み合わさり、その集合体として一つの作品が制作・成立していくという状況の提示が、これまでの藤崎の作品群にも新たな解釈を付与することになると思います。

現在の藤崎は、現象・状況的な要素に意識を傾けながらも、大学時代から一貫して彫刻への愛着が強く、作品にいかに物体としての強度を獲得できるかに努めています。制作行為や素材に触れることによる身体感覚を尊重しながらも、時代に合致したリアリティを得るための物理学的思考を重ねることで、さまざまな思考のベクトルを交差させて新たな価値観を巻き込んでいく可能性を、彼の一連の作品群から感じ取っていただければ幸いです。ぜひこの機会にご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

* * *

2016fujisaki1
《Metaball Red》 Movie 2016 © Fujisaki Ryoichi 【本展出品作品】

fujisaki2
《colored oil_purple cosmos 01》 アーカイバルピグメントプリント 2015  © Fujisaki Ryoichi courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

 

fujisaki3
《blue plaster twins》 石膏・インク 2015  © Fujisaki Ryoichi courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

 

fujisaki4
藤崎 了一「ADDICT」  video installation (CC4441 THE GALLERY・東京、2015)  
courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

 

fujisaki5
藤崎 了一「ADDICT」 video installation(island MEDIUM・東京、2015) courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

 

2016-03-11
《次回展のご案内》 Gallerist’s Eye #2 藤崎 了一「Vector of Energy」
2016年4月16日(土)~5月29日(日)

fujisaki2
《colored oil_purple cosmos 01》 アーカイバルピグメントプリント 2015  © Fujisaki Ryoichi courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

 

the three konohana、次回の展覧会のご案内です。

2年半ぶりの「Gallerist’s Eye」シリーズの通算第2弾として、立体、写真、映像など幅広い手法で、素材やその現象と制作行為との関係性を表現する、藤崎 了一(Ryoichi Fujisaki, b.1975)の個展「Vector of Energy」を、4月16日(土)~5月29日(日)の会期にて開催いたします。
(協力:KANA KAWANISHI GALLERY)

【詳細はこちら】

Tags:
Posted in NEWS |

 

2015-11-18
the three konohana 2016年の展覧会スケジュール

来年2016年、ttkにて開催の展覧会スケジュールは、以下の通りになっております。(12/25更新)

2月12日(金)~3月27日(日)
Konohana’s Eye #11 鮫島 ゆい

4/15(金)~5/29(日)
Gallerist’s Eye #2 藤崎 了一

6/17(金)~7/31(日)
Konohana’s Eye #12 加藤 巧

9/2(金)~10/16(日)
Konohana’s Eye #13 小松原 智史

11/11(金)~12/25(日)
Konohana’s Eye #14 笠間 弥路

[※ 都合により、会期が若干変更になる場合がございます。]

ttk4年目の来年は、初年度以来久々にGallerist’s Eyeを開催できる運びとなりました。それによって、2016年は初めて全ての展示を個展にて開催する運びとなりました。

来年2016年のttkの展覧会も、多くのみなさまにご来廊、ご高覧くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2013-04-01
藤崎 了一 Ryoichi Fujisaki
- artist -

fujisaki_profile

 

1975
・大阪府生まれ(現在大阪府在住)

2003
・京都市立芸術大学大学院 美術研究科 彫刻専攻 修了

[個展]
2015
・「ADDICT」 CC4441 THE GALLERY(東京)
・「ADDICT」 ソノ アイダ#1(東京)
・「ADDICT」 island MEDIUM(東京)
・「ADDICT」 西武渋谷オルタナティブスペース(東京)

[主なグループ展]
2014
・「SANDWICH l ANTEROOM展」ホテル アンテルーム 京都 GALLERY9.5(京都)

2015
「記録と記憶|transcripts/ memories」 KANA KAWANISHI GALLERY(東京)
「contact」 KANA KAWANISHI GALLERY

 

fujisaki1
《blue plaster twins》 石膏・インク 2015  © Fujisaki Ryoichi courtesy KANA KAWANISHI GALLERY

 

fujisaki2
《colored oil_purple cosmos 01》 アーカイバルピグメントプリント 2015  © Fujisaki Ryoichi courtesy KANA KAWANISHI GALLERY