Director’s Eye

2013-04-01
結城 加代子 Kayoko Yuki
- director -

1980年新潟県生まれ。
2007年よりmagical, ARTROOM、island JAPANの勤務を経て、11年9月よりKAYOKOYUKI設立。
現在、末広町にオフィス&ビューイング・ルームを構え、現代アートに関する企画とアーティストのマネージメントを行う。特定の展示スペースを持たず、作家や空間に合わせてフレキシブルに企画を展開している。主な企画展に、『採光 -let in light-』、『地点 –POU STO-』、『SLASH』など。 また、若手ギャラリーの共同体、『COVERED TOKYO』の運営、『オンゴーイング・スクール』の企画を担当。

KAYOKOYUKI: http://www.kayokoyuki.com
COVERED TOKYO: http://coveredtokyo.com
オンゴーイング・スクール: http://www.ongoing-school.com


 

2013-04-01
小林 礼佳 Ayaka Kobayashi
- artist -

kobayashi

1988
・東京都生まれ

2011
・武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科 卒業

2013
・武蔵野美術大学大学院 造形研究科 修士課程 美術専攻油絵コース 修了

[主な個展]
2011
・「水辺にて」GALLERY b. TOKYO (東京)

2013
・「島々」武蔵野美術大学 (東京)

2014
・「The Bluing」JIKKA 実家 (東京)

[主なグループ展]
2012
・「COVERED TOKYO: October, 2012」シャトー2F (東京)

2013
「SLASH/09 -回路の折り方を しかし、あとで突然、わかる道順を-」 the three konohana(大阪)

Kobayashi1
《無題》メンディングテープ、ミラーシート 2.5 x 4.5 x 2.5 cm 2012

Kobayashi2
《島々》 installation view 2013


 

2013-04-01
斎藤 玲児 Reiji Saito
- artist -

saito

1987
・東京都生まれ

2010
・武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科 卒業

[主な個展]
2009
・「あと」3番GALLERY (東京)
・「斎藤玲児 個展」武蔵野美術大学 (東京)

2013
・「#13」山手83 (神奈川)

[主なグループ展]
2009
・「こうして今日も素敵な一日が始」武蔵野美術大学 (東京)

2013
「SLASH/09 -回路の折り方を しかし、あとで突然、わかる道順を-」 the three konohana(大阪)

 

saito1
《#14》 2画面・ビデオ 8分00秒 2013

Saito2《#14》 Installation view 2013


 

2013-04-01
藤田 道子 Michiko Fujita
- artist -

110619_1409

1980
・大阪府生まれ

2003
・東京造形大学 造形学部 美術学科 絵画専攻領域 卒業

2004
・東京造形大学 版画コース研究生 修了

 

[主な個展]
2002
・「瞬きのリズム」ギャラリーnode (東京)

2003
・「藤田道子展」ギャラリーエス (東京)

2006
・「右から光り」ギャラリーエス

2009
・「虹になる」Gallery惺SATORU (東京)

2010
・「藤田道子展」ギャラリーゴトウ (東京)

2011
・「きみのこえにみみをすます」Gallery惺SATORU

2012
・「LINE & SHINE」Ryumon coffee stand (東京)

2013
・「Asteroids and shining tears」Ryumon coffee stand
・「MIXING COLORS」Gallery惺SATORU
・「SHINING GIRL」POST PARTY DEPRESSION(東京)

2014
・「sinking of air」HARCOZA(東京)
・「SWIMMER」SUNDAY CAFE ART RESTAURANT(東京)

 

[主なグループ展]
2010
・「FLOWERS」Gallery惺SATORU (東京) ・「色考|白」Gallery惺SATORU

2011
・「April」tonico (松本) ・「New Jewely」CLASKA Hotel (東京)

2013
・「様々な版画表現展」Gallery惺SATORU
・「gallery deux poissons 10th Anniversary」gallery deux poissons (東京)
「SLASH/09 -回路の折り方を しかし、あとで突然、わかる道順を-」 the three konohana(大阪)

2014
・「IN THE RAINBOW」gallery ON THE HILL(東京)

 

Fujita1
《untitled》 木、糸、鏡、ガラス、リボン他 机上(130 x 90cm)でのインスタレーション 2012

Fujita2
《右から光》 木、手彩色 径1.5cm 2009


 

2013-04-01
野口 卓海 Takumi Noguchi
- Director -

noguchi_profile

1983年 京都生まれ
2007年 近畿大学文芸学部 芸術学科造形芸術専攻 芸術理論コース 卒業

大学卒業後、批評活動を展開しながら、サウンドアーティストの金崎亮太とYoha Publicを立ち上げ、美術展示・演奏会などの企画を行う。主な企画は「Tasting Art Exhibition」阪急メンズ大阪(2009年より複数回)、「5 Artist Exihbition」阪急メンズ大阪(2013年)、「有馬温泉路地裏アートプロジェクト」(2013年)など。また、若手作家の個展へ批評を提出し、AT PAPER.といった動向自体へもテキストを寄せている。


 

2013-04-01
國政 サトシ Satoshi Kunimasa
- artist -

kunimasa_profile

1986
・大阪府生まれ

2010
・京都精華大学 芸術学部 デザイン科テキスタイルデザイン 卒業

2012
・京都市立芸術大学大学院 美術研究科 修士課程 工芸専攻染織 修了

 

[主な個展]
2013
・「籠」ギャラリー恵風(京都)
・「線を辿る」kara-s(京都)

 

[主なグループ展]
2012
・「ARTCOURT FRONTIER#10 2012」ARTCOURT Gallery(大阪)
・「HANARART 2012」池田家(奈良・三輪)

2013
・「次世代工芸展」京都市美術館別館

2014
・「まよわないために -not to stray-」 the three konohana(大阪)
・「京都府美術工芸選抜展」京都文化博物館(京都)

 

[その他]
2010-
・『AT PAPER. (free paper magazine)』1〜8号発行[企画・編集長]

2013
・「AT PAPER.”09″」HOTEL ANTEROOM KYOTO、kara-S(京都)[展覧会企画]

 

 

kunimasa_work1

《weather(system of a feel)》(部分) 洗濯バサミ、ロープ 1200.0 x 1000.0 cm 2012

 

kunimasa_work2

《tubo》 結束バンド、ビニールチューブ、分散染料 75.0 x 50.0 x 50.0 cm 2013

 


 

2013-04-01
田中 秀介 Shusuke Tanaka
- artist -

tanaka_profile

1986
・和歌山県生まれ

2009
・大阪芸術大学 美術学科 油画コース 卒業

 

<主な個展>
2009
・「信じがたい部分」Gallery Den 58(大阪)

2010
・「華やかな隔たり」2kw gallery(大阪)

2012
・「破竹の集約」room.A(大阪)

2013
・「回想と突発のわれわれ」Gallery Morning(京都)

 

<主なグループ展>
2013
・「HANKYU MEN’S 5 Artist Exhibition」阪急メンズ大阪
・「夜水鏡みがかず見るよ –詩と死-」Gallery OUT of PLACE(奈良)

2014
・「まよわないために -not to stray-」 the three konohana(大阪)

 

<その他>
2009
・「Art Camp 2009」サントリー賞 受賞
・「第24回 ホルベイン・スカラシップ」奨学生 認定

2010
・「Asia Art Program」Alternative Space MARU(韓国/アーティスト・イン・レジデンス)

 

tanaka_work1

《回想と突発のわれわれ》 キャンバス・油彩 130.3 x 162.0 cm 2013

 

tanaka_work2

《どこからか長物》 キャンバス・油彩 162.0 x 130.3 cm 2013


 

2013-04-01
三木 祐子 + 金崎 亮太
Yuko Miki + Ryota Kanasaki
- artist -

mikikanasaki_profile

[主な公演・展覧会]
2012
・「根底の響きを探って」(京都芸術センター/’13)
・「“響”-ピアノと電子音響音楽のハーモニー-」Eiホール(大阪)

2013
・「HANKYU MEN’S 5 Artist Exhibition」阪急メンズ大阪

2014
・「まよわないために -not to stray-」 the three konohana(大阪)

 

・三木祐子(作曲家/ ピアニスト)
滋賀大学 教育学部 音楽教育コース 卒業、滋賀大学大学院 教育学研究科 修了。
これまでにピアノを坂弘子・浅井芳子・岡村加代子の各氏に、作曲を藤原嘉文・原田敬子・若林千春の各氏に師事。「現代音楽セミナー 秋吉台の夏」にて湯浅譲二氏のマスターコースを受講。
第16回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール作曲部門大学院・研究科の部最高位、第2回広島作曲コンクール入選、第6回大阪国際マンドリンコンクール作曲部門入賞。

 

・金崎 亮太(電子音響音楽家/Yoha Public)
大阪芸術大学 音楽学科 音楽工学コース 卒業。
人間にとって最も身近と言える音、“ヒトの声”を音素材として主に用い、コンピューターでの加工と研磨を経て音楽作品を制作。兵庫県立美術館にて2008年から2011年まで不定期にソロパフォーマンスおこなう他、祝丸(和太鼓/役者)、ヤン・ベッカー(演出家/照明)と共に舞台“三”を制作。また、企画ディレクターとして美術批評家の野口卓海とYoha Publicを立ち上げ、展覧会や演奏会の企画をおこなう。

 

miki_kanasaki_work1

「Piano×Computer Electro Acoustic Concert “根底の響きを探って”」 2013 [会場:京都芸術センター]

 

miki_kanasaki_work2

「“響”~ピアノと電子音響音楽のハーモニー~」 2012 [会場:Eiホール]


 

2013-04-01
長谷川 新 Arata Hasegawa
- Director -

hasegawa

1988年生まれ。キュレーター。
京都大学総合人間学部卒業。専攻は文化人類学。
2013年から2014年にかけ、大阪、東京、金沢にて開催された「北加賀屋クロッシング2013 MOBILIS IN MOBILI-交錯する現在-」展チーフキュレーターを務める。同展は2014年カタログを出版(constellation books)。
個人での主な企画に「ハルトシュラ mental sketch modified -Jimin Chun/川村元紀-」、「荒木みどりM←→mヨシダミノル」(ともにCAS,大阪/2013)、「無人島にて―「80年代」の彫刻/立体/インスタレーション」(京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ,京都/2014)。2014年より、大阪市内のアートシーンを伝えるバイリンガル・フリーペーパー「FLAG」誌にて展評を連載。twitterのアカウントは@rob_art

■「北加賀屋クロッシング2013 MOBILIS IN MOBILI-交錯する現在-」 http://mobilis-in-mobili.org/
■「無人島にて―「80年代」の彫刻/立体/インスタレーション」 http://aube.kyoto-art.ac.jp/archives/1449


 

2013-04-01
荒木 悠 Yu Araki
- artist -

yu_araki

 

1985年生まれ。2007年米国ワシントン大学芸術学部彫刻科卒業。2010年東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。

2013年スペイン・ボティン財団の招聘によりタシタ・ディーン ワークショップに参加。主に映像を表現媒体としており、自身の体内を記録した初期作品から近年のアジアや欧州はじめ様々な国や地域のコミュニティーに潜り込み展開する文化諜報的制作活動は、一貫して“未知なる領域”を探求することから派生している。
近年の展示・上映に『MOTHERLANDS』(2014年 実家JIKKA、東京)『WRONG TRANSLATION』(2014年 The Container、東京)『Move on Asia: Video Art in Asia 2002 to 2012』(2013年 ZKM、カールスルーエ)『971 Horses + 4 Zebras: Artists Apply Animation』(2012年 テートモダン、ロンドン)など。
http://www.yuaraki.com/

 

araki1
《ALMOST DOWN》 16mm film installation 2012

 

araki2
《ANGELO LIVES (production still)》 photograph 2013