VOICE

「Vector of Energy」はじまりました!

160421voice

 

本展は2年半ぶりのGallerist’s Eyeシリーズとなる、藤崎了一さんの個展です。藤崎さんにとっても地元大阪(関西としても)では初めての個展ですので、作品は初見の方が多いかと思います。昨年のART OSAKAでは、KANA KAWANISHI GALLERYから写真作品を出展していましたので、その時にご覧になられた印象を持ってお越しになられている方もちらほらおられます。

素材・技法の組み合わせから導かれる「現象」的表現と、身体感覚に依った「制作行為」の大きく二つの要素を軸に、写真、映像、立体と複数の表現スタイルを駆使して、コンセプトの深化を推し進める藤崎さん。昨年より個人としての制作活動を再開し、個展とグループ展も重ねて開催してきましたが、全ての表現スタイルを一堂に展示する機会は、藤崎さんにとっても本展が初めてになります。

さらに本展では、会期初日に実施しましたライブパフォーマンスの痕跡と記録映像も合わせて展示して、実質4種類の作品群が一堂に並ぶ、一見盛りだくさんな内容です。これら藤崎さんの4種類の作品の相互関係を確かめ、その解釈を深めていくことに主眼を置いた展示構成にしています。本展のテーマでもある「エネルギー」と「ベクトル」、そして「偶然性」や「解体と構築」など、藤崎さんの表現を読み取るキーワードも、本展内にあえて多数散りばめています。この1か月半の会期の中で、みなさまと共に意見交換を重ねて藤崎さんの世界観を一つ一つ丁寧に捉えていければと思います。

また、もう一つの本展の見どころとしては、特にパフォーマンスと映像作品の展示が、これまでのttkの展示の中でも珍しい空間づくりになっています。展示空間の個性の強さが特徴のttkの空間ですが、サイトスペシフィックの意識からあえて意図的に距離を置くことで、個々の作品群の存在感と結びつきが強調された展示になっていると思います。ttkの空間や過去の展示を定期的にご覧いただいている方々には、本展の意外な空間構成もお楽しみいただければ幸いです。

そして今週23日の土曜日は、KANA KAWANISHI GALLERYの河西香奈さんをお迎えしての「ギャラリストトーク」を開催いたします。ttkでは2回目のギャラリストトークですが、河西さんと山中の2名のギャラリストが、それぞれ藤崎さんの表現をどのように捉えているのか。その違いや共通点の比較から、藤崎さんの表現の位置づけはもちろんのこと、作家に向き合うギャラリストの思考の個性や広がりにも触れていただければと思います。土曜日17時からのスタートです。ぜひみなさまのご参加をお待ちしております。

Tags:,
Posted on 2016-04-21 | Posted in VOICE |

Related Posts

関連する記事はありません