Author Archive

2024-02-19
「Gallery Collection 2024 Spring」2024年3月2日(土)~24日(日)

「Gallery Collection 2024 Spring」
2024年3月2日(土)~24日(日)

出品作家|泉 茂加賀城 健加藤 巧

開廊時間|12:00~19:00
休廊日|毎週月・火・水曜、3/22(金)

会場|the three konohana

* * *

このたびthe three konohanaでは、3月2日(土)より「Gallery Collection 2024 Spring」を開催します。

昨年2023年に弊廊で展覧会を開催した泉 茂、加賀城 健、加藤 巧の3名の作品を、昨年や過去の弊廊での展覧会出品作の他、未発表作も交えて紹介します。

なお本展は、ttk近隣のFIGYAで3月9日(土)より開催する、下道基行さんの個展「船はあの丘に登った」と連携してオープンします。此花区梅香・四貫島エリアの複数のスペースにて、2014年に閉廊した梅香堂にゆかりのある作家たちの展示をあわせてご覧いただけます。
会場マップはこちら→https://maps.app.goo.gl/dT45oF3AuLamuPPZ6

 

2024-02-19
《次回展のご案内》「Gallery Collection 2024 Spring」 2024年3月2日(土)~24日(日)

the three konohana、次回の展覧会のご案内です。

昨年弊廊で展覧会を開催した3名の作家の作品を紹介する「Gallery Collection 2024 Spring」を、3月3日(土)~24日(日)の会期で開催します。

【詳細はこちら】

 

2023-12-26
「PRE KONOHANA MUSEUM」 展示記録

 

2023-12-26
泉 茂「Newly Discovered Works」 展示記録

 

2023-12-26
加賀城 健+加藤 巧「Haste Makes Waste」 展示記録

 

2023-12-26
Gallery Collection – 加藤 巧「Recent works 2020-22」 展示記録

 

2023-11-03
「PRE KONOHANA MUSEUM」公開情報について

「PRE KONOHANA MUSEUM」では、2つの情報をオンライン上で公開しています。
共に会期中随時更新します。本展の予習・復習にぜひご活用ください。

〇 出品リスト
https://drive.google.com/file/d/19fOOV0jVSYoO5xir8IEkcXHEKff-GjuY/view?usp=sharing
本展に出品している資料の一覧表です。期間中、新たに資料が追加されたり、情報修正などがあった際は、随時更新します。
本展に出品されていない関連資料をお持ちの方は、ご提供いただければ幸いです。

〇 KONOHANA TIMELINE
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1whvrk_eTmLzhHtppsT4EA6L1gy4zxBuTMMfgDTU05dM/edit?usp=drive_link
当エリアの主要スペースの活動一覧などのデータを、時系列で掲載しています。
期間中に新たな情報が得られた際には、随時更新します。
本表に掲載されていない情報をご存じの方は、ご提供いただければ幸いです。

Tags:,
Posted in NEWS |

 

2023-11-03
開廊10周年記念展 Vol.3 「PRE KONOHANA MUSEUM」 2023年11月3日(金・祝)~26日(日)

「PRE KONOHANA MUSEUM」 展示記録

「PRE KONOHANA MUSEUM」出品リスト(PDF)
KONOHANA TIMELINE(Google Spreadsheet)

the three konohana 開廊10周年記念展 Vol.3

「PRE KONOHANA MUSEUM」
2023年11月3日(金・祝)~26日(日)

企画|NO ARCHITECTS、the three konohana

開廊時間|12:00~19:00
休廊日|毎週月・火・水曜

会場|the three konohana

大阪市助成事業

* * *

このたびthe three konohanaでは、弊廊の開廊10周年記念展の第3弾として、「PRE KONOHANA MUSEUM」を、大阪市此花区在住の建築家ユニットNO ARCHITECTSとの共同企画で開催します。

「PRE KONOHANA MUSEUM(プレ・コノハナ・ミュージアム)」は、大阪市此花区梅香・四貫島エリアを拠点に、まちとアートの関係が継続的に育まれてきた約15年間の活動の蓄積を可視化し、その変遷をたどる機会を創出することを目的とした展覧会です。

当エリアは、2007年に地元の不動産会社が主導して、アートを活用したまちづくりの取り組みが始まりました。以降現在に至るまで、随時出入りがありながらも、延べ数百人規模の人々が自らの活動をおこなう中で、大小様々なユニークなイベントが開かれています。また、毎年のように開かれた活動拠点が立ち上がる一方で閉鎖するところもあり、当エリアの動きは常に変化がありながらも持続しています。

本展では、NO ARCHITECTSが長年収集してきた、当エリアで開催された多数のイベントや展覧会の広報物を中心に、関連する各種資料を、10年前に自ら設計を担当したthe three konohanaのギャラリー空間に、仮設の「まちのミュージアム」を想定した空間を構築して展示します。

これまで当エリアは、独特のまちとアートの関係とその成熟の過程が注目を集め、様々な視点から多数の学術論文や各種メディアの取材記事などで言及されてきましたが、近年は周辺を取り巻く状況からその認識に隔たりを感じることも度々起きています。本展を通じて、当エリアの特徴や個性、そして15年もの歳月をかけて紡がれてきた、この「まち」の文脈を、地域内外の方々と共に改めて捉え直す機会になれば幸いです。

【主な出品予定資料】

* * *

【NO ARCHITECTS(ノー アーキテクツ)経歴】

西山広志、奥平桂子により共同主宰。
2009年 神戸芸術工科大学大学院を共に修了し、nishiyamahiroshiokudairakeiko として活動を開始。
2011年 大阪市此花区へ事務所移転に伴い NO ARCHITECTS 設立。
建築をベースに、設計やデザイン、インスタレーション、ワークショップ、会場構成、まちづくりなど活動は多岐にわたる。
また、音楽家や美術家、写真家、劇作家、詩人、ダンサー等とのコラボレーションや、展覧会の企画など領域をまたいだ活動も行っている。
著書に『NO BOOK』 (OOO PRESS)、『REMIX TOWN』 (RAD)など。
現在、西山は摂南大学 ・ 近畿大学・京都芸術大学 非常勤講師。奥平は京都芸術大学 非常勤講師。
http://noarchitects.jp/

 

2023-10-03
《次回展のご案内》開廊10周年記念展 Vol.3 「PRE KONOHANA MUSEUM」 2023年11月3日(金・祝)~26日(日)

the three konohana、次回の展覧会のご案内です。

弊廊の開廊10周年記念展の第3弾として、大阪市此花区在住の建築家ユニットNO ARCHITECTSとの共同企画による「PRE KONOHANA MUSEUM」を、11月3日(金・祝)~26日(日)の会期で開催します。

【詳細はこちら】

Tags:
Posted in NEWS |

 

2023-09-15
開廊10周年記念展 Vol.2 泉 茂「Newly Discovered Works」2023年9月15日(金)~10月8日(日)

・泉 茂「Newly Discovered Works」 展示記録
・テキストリーフレット(執筆:稲葉征夫、山中俊広、福元崇志)

the three konohana 開廊10周年記念展 Vol.2
泉 茂「Newly Discovered Works」

会期|
Yoshimi Arts:9月13日(水)~10月1日(日)10月8日(日)[* 会期延長しました]
 12時~19時(日曜のみ17時まで)/月・火、10/7(水)休 
the three konohana:9月15日(金)~10月8日(日) 12時~19時/月・火・水休 
(2会場にて開催/会期・休廊日は会場によって異なります)

会場|
Yoshimi Arts

〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F/06-6443-0080/info@yoshimiarts.com
会場アクセス|大阪メトロ四つ橋線・肥後橋駅より徒歩1分、大阪メトロ御堂筋線・淀屋橋駅より徒歩5分
ギャラリーURL|http://www.yoshimiarts.com

the three konohana
〒554-0013 大阪市此花区梅香1-23-23-2F/06-7502-4115/info@thethree.net
会場アクセス|阪神なんば線・千鳥橋駅より徒歩3分、阪神なんば線/JR環状線・西九条駅より徒歩9分
ギャラリーURL|https://thethree.net/

協力|中川 佳宣(大阪芸術大学 美術学科 特任教授)、大阪芸術大学博物館

* * *

このたび、Yoshimi Artsとthe three konohanaの共同企画として、泉 茂の個展「Newly Discovered Works」を開催します。本展は、the three konohanaの開廊10周年記念展の第2弾としても位置付けます。

両ギャラリーでは、2017年の初めての共催展以降、泉茂の調査を継続しておこなっていますが、最近になりロールの状態で保管されていた大きなサイズのキャンバス作品群を発見しました。これらは、2012年まで大阪府河南町にあった泉のアトリエを完全に引き払う際に関係者が引き取ったものの一部でしたが、その当時にまとめられたリストには記載のなかった作品群でした。

本展では、その作品群からセレクトした約10点を、2つのギャラリーで同時に公開します。出品作品は、当時の資料や情報が不確かな要素が随所にあると同時に、完成された作品として発表実績がないと思われるものも含んでいます。本展を通じて、生前の泉や作品制作時のことを知る方々から作品の情報やエピソードを収集する機会とします。

また本展では、かつて泉の助手を務めていた大阪芸術大学美術学科の特任教授、中川佳宣氏に展示協力を得て、さらには大阪芸術大学が所有する泉の作品資料を借用して、本展で紹介する作品群とあわせて展示します。加えて関連企画として、Yoshimi Artsの稲葉征夫とthe three konohanaの山中俊広の2人のギャラリストと、国立国際美術館主任研究員の福元崇志氏が、それぞれに執筆した泉茂についてのテキストをまとめたリーフレットを、両ギャラリーにて部数限定で無料配布します。

2017年から3回の共催展を経て、近年は全国各地の美術館のコレクション展や企画展で、泉の作品が公開される機会が増えるようになりました。4回目の泉茂共催展となる本展から、また新たに泉の魅力を掘り起こすべく、さらに多角的な作品分析や解釈のためのヒントを見出し、かつその体制を再構築する機会としたいと思います。

* * *

泉 茂(Izumi Shigeru) 経歴

1922年大阪府生まれ。大阪市立工芸学校図案科卒業。瑛久らと1951年に結成した「デモクラート美術家協会」で活動し、叙情的な作風の版画が国内外で高い評価を得る。同会解散後、1959年から10年間にわたり滞在したニューヨークとパリで、当時の現地の美術の動向に触れ、抽象的な平面表現へと大きく転換する。帰国後は、主観を排除し、描くことの本質を追究した作品を、晩年まで精力的に制作・発表した。また、1970年から92年まで大阪芸術大学の教授に就き、後進の作家を多く輩出した。1995年没。
和歌山県立近代美術館、国立国際美術館、パリ市立近代美術館、ニューヨーク近代美術館など、国内外の美術館に多数作品が収蔵されている。2017年よりYoshimi Arts とthe three konohana が取扱ギャラリーとなり、定期的に展覧会を開催している。

【これまでの両ギャラリーの泉茂展 開催実績】
2017 泉 茂「PAINTINGS 1971-93」Yoshimi Arts、the three konohana 共同開催
2018 泉 茂「1960-70’s」Yoshimi Arts 単独開催
2019 泉 茂「Drawings 1960’s」Yoshimi Arts、the three konohana 共同開催
2020 泉 茂「70’s」 Yoshimi Arts 単独開催
2021 「2つの時代の平面・絵画表現-泉茂と6名の現代作家展」Yoshimi Arts、the three konohana 共同開催

【近年の国内美術館での主な泉茂作品出品歴】
2017
「泉茂 ハンサムな絵のつくりかた」和歌山県立近代美術館
「コレクション特集展示 ジャコメッティと Ⅰ」国立国際美術館
「平成29年度 第1回コレクション展」京都国立近代美術館
2018
「新収蔵作品展」西宮市大谷記念美術館
「コレクションを核に 関西ゆかりのデモクラートの作家たち 泉茂・山中嘉一・吉田利次・吉原英雄」BBプラザ美術館
「大阪芸大“はたち”の頃 ―元美術学科長・松井正と泉茂―」大阪芸術大学博物館
2019
「2019年度コレクション展Ⅲ もうひとつの日常」兵庫県立美術館
2020
「2020年度コレクション展Ⅰ コレクションにみる 拡がる現代アート 眼で聴き、耳で視る」BBプラザ美術館
「和歌山県立近代美術館 コレクションの50年」和歌山県立近代美術館
2021
「所蔵作品展 MOMATコレクション」(3/23-5/16)東京国立近代美術館
「コミュニケーションの部屋」和歌山県立近代美術館
2022
「Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり―」大阪中之島美術館
「扉は開いているか―美術館とコレクション 1982-2022」埼玉県立近代美術館
「Back to 1972 50年前の現代美術へ」西宮市大谷記念美術館
「ニッポンの油絵 近現代美術をかたち作ったもの」和歌山県立近代美術館
「内海柳子とデモクラートの作家たち」町田市立国際版画美術館
2023
「コレクション展IV 造形紀行 「デザイン」の楽しみ」大分県立美術館
「とびたつとき 池田満寿夫とデモクラートの作家」 和歌山県立近代美術館、宇都宮美術館、長野県立美術館
「2023年度Ⅰ 人のよそおい」徳島県立近代美術館

Tags:,
Posted in 2023, EXHIBITIONS, PAST |