NEWS

2022-01-16
加藤巧の作品が愛知県美術館に収蔵されました

このたび、加藤 巧の作品《Macaloni》が愛知県美術館に収蔵されました。

収蔵作品は、今月22日から始まるコレクション展にて公開されます。
東海地方の方、お近くにお越しの方はぜひご高覧ください。

* * *

「愛知県美術館コレクション展」(企画展「ミニマル/コンセプチュアル」と同時開催)

会期:2022年1月22日(土)~3月13日(日)
会場:愛知県美術館 展示室2ほか(名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階 052-971-5511)

休館日:毎週月曜日
開館時間:午前10時から午後6時まで (金曜日は午後8時まで)

観覧料:一般 500(400)円、高校・大学生 300(240)円、中学生以下 無料[()内は20名以上の団体料金]
※コレクション展(展示室1~3)のほかの作品も御覧いただけます。
※コレクション展は、企画展「ミニマル/コンセプチュアル」のチケットでも御覧いただけます。

愛知県美術館HP:https://www-art.aac.pref.aichi.jp/
作品収蔵に関する資料(愛知県庁):https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/bunka0105.html

Tags:,
Posted in NEWS |

 

2021-12-12
《次回展のご案内》加賀城 健「Manipulation / Interchange」2022年1月6日(木)~2月13日(日)

kagajo_seiryu2021

加賀城 健《Manipulation-Mentor》2021
綿布、染料/指による糊置、糊染  280×1000cm[撮影:佐久間秀樹]

 

the three konohana、次回の展覧会のご案内です。

弊廊では4年半ぶりとなる加賀城 健(KAGAJO Ken, b.1974)の個展「Manipulation / Interchange」を、来年1月6日(木)~2月13日(日)の会期で開催いたします。
なお本展は途中に展示替えをして、前期・後期に分けての個展となります。

【詳細はこちら】

Tags:
Posted in NEWS |

 

2021-11-06
「Art, Wind & Morimura」個展会場のアクセスについて

「Art, Wind & Morimura」の個展会場、風アートプランニングの最寄り駅は、

・京阪本線/大阪メトロ谷町線 天満橋駅
・JR東西線 大阪天満宮駅

それぞれ駅から徒歩約10分です。
なお、オープンアトリエ会場へのアクセスは、個展会場にて配布します地図にてご来場ください。個展会場より徒歩約5分です。

KAZE ART PLANNING(風アートプランニング)
開廊時間:11時~18時
住所:530-0043 大阪市北区天満3-6-3 鉄道広告社ビル2階
電話:080-8516-8391
メール:kaze.artplanning512@gmail.com
HP:https://web-gallerykaze.com/

 

Tags:,
Posted in NEWS |

 

2021-10-13
《次回展(外部企画)のご案内》「Art, Wind & Morimura(森村 誠 個展 & オープンスタジオ)」@風アートプランニング、MoMa Studio & Project Room 405(大阪市北区) 2021年11月6日(土)~14日(日)

morimura visual2_618

 

the three konohana、次回の外部企画のご案内です。

大阪・天満橋のKAZE ART PLANNING(風アートプランニング)との共同企画として、森村 誠(Makoto Morimura,  b.1976)の個展とオープンスタジオを連携した企画「Art, Wind & Morimura」を、11月6日(土)~14日(日)の会期で開催いたします。

本企画は森村の個展をKAZE ART PLANNINGで開催し、近隣にある森村のスタジオの公開を同時におこないます。

ttkは会場となりませんので、くれぐれもお気を付けください。

【詳細はこちら】

 

Tags:
Posted in NEWS |

 

2021-10-08
10/18(月)、25(月)「泉茂と6名の現代作家展」関連イベント オンライントークショー「泉茂と現代の平面・絵画表現の接点を考察する」

izumitalkshow1008

「2つの時代の平面・絵画表現-泉茂と6名の現代作家展」の関連イベントとして、会期中にオンライン形式でのトークショーを2日間にわたり開催します。

泉の作家・作品と現代の平面・絵画表現それぞれに造詣の深い2名の美術館学芸員をお招きし、6名の出品作家と共に2つの時代の表現の接点について議論する場も設けます。
2つの時代の表現の関連性を2会場での展覧会とトークショーを通じて考察し、泉茂の再評価につながる新たなヒントと共に、 現代の平面・絵画表現が志向しているこの先の展望を見出す契機になればと思います。

関連イベント|オンライントークショー「泉茂と現代の平面・絵画表現の接点を考察する」
日時|10月18日(月)、25日(月)18時~20時
場所|Zoomウェビナー(オンライン)
参加費|1000円(2日共通/クレジットカード決済or銀行振込)
申込方法|Googleフォーム https://forms.gle/aSSMtjRrqjs7FxRh8
※ 現在は収録映像のご視聴として、申し込みを受け付けております。

登壇者|
10月18日(月):奥村 泰彦(和歌山県立近代美術館 主幹)、上田 良、加藤 巧、杉山 卓朗(以上本展出品作家)
10月25日(月):鈴木 俊晴(豊田市美術館 学芸員)、今井 俊介、佐藤 克久、五月女 哲平(以上本展出品作家)

 

2021-10-08
「泉茂と6名の現代作家展」 両会場のアクセス情報など

wakasabldg ttk1008

「2つの時代の平面・絵画表現-泉茂と6名の現代作家展」は、ttkとYoshimi Artsの2会場で開催いたします。
Yoshimi Artsからttkへの公共交通機関を使ってのアクセス方法は、2種類あります。乗り換え時間を含めて所要時間は共に約30分です。

 

[大阪駅経由ルート 1]
Yoshimi Arts
→(徒歩1分)→肥後橋駅→(大阪メトロ四つ橋線・1駅)→西梅田駅【運賃:180円】
西梅田駅→(徒歩2分)→大阪駅→(JR環状線内回り・普通3駅/快速2駅)→西九条駅【運賃:160円】
→(徒歩9分)→the three konohana

[大阪駅経由ルート 2]
Yoshimi Arts
→(徒歩1分)→肥後橋駅→(大阪メトロ四つ橋線・1駅)→西梅田駅【運賃:180円】
西梅田駅→(徒歩5分)→大阪駅前(JR大阪駅御堂筋南口前ロータリー)→(大阪シティバス56系統酉島車庫行き、59系統北港ヨットハーバー行き)→此花朝日橋【運賃:210円】
→(徒歩1分)→the three konohana

[本町経由ルート]
Yoshimi Arts
→(徒歩1分)→肥後橋駅→(大阪メトロ四つ橋線・1駅)→本町駅→(大阪メトロ中央線・2駅)→九条駅【運賃:230円】
阪神九条駅→(阪神なんば線・2駅)→千鳥橋駅【運賃:210円】(※千鳥橋駅には快速急行は止まりませんので、普通または区間準急をご利用ください。)
→(徒歩3分)→the three konohana

また、ttkとYoshimi Artsの開廊時間および休廊日は少し異なりますのでご注意ください。
開廊時間は、日曜日のみYoshimi Artsは17時まで、ttkは19時までの開廊です。
水曜日はYoshimi Artsのみオープンで、ttkは休廊日です。両会場を1日でご覧いただく際には、木~日曜にお越しください。

【開廊時間】
・ Yoshimi Arts 12:00~19:00(日曜は17時まで)
・ the three konohana 12:00~19:00

【休廊日】
・ Yoshimi Arts 毎週月・火曜
・ the three konohana 毎週月・火・水曜

 

Tags:,
Posted in NEWS |

 

2021-09-10
《次回展のご案内》「2つの時代の平面・絵画表現-泉茂と6名の現代作家展」 2021年10月9日(土)~10月31日(日)

izumi shigeru_the three konohana

 

the three konohana、次回の展覧会のご案内です。

大阪・肥後橋のYoshimi Artsとの共同企画として、「2つの時代の平面・絵画表現-泉茂と6名の現代作家展」を、10月9日(土)~31日(日)の会期で開催いたします。

泉茂共催企画として3回目となる本展は、現代作家6名と泉茂によるグループ展形式です。また会期中にはオンライントークショーを2日間の日程で開催いたします。

【詳細はこちら】

Tags:, ,
Posted in NEWS |

 

2021-07-10
加藤 巧 展 関連イベント「トークセッション 加藤 巧 × 岩名 泰岳」収録映像公開のお知らせ

現在、ttkにて開催中の加藤 巧「Re-touch」展の関連イベント、「トークセッション 加藤 巧 × 岩名 泰岳」の収録映像をYouTubeに公開しました。
https://www.youtube.com/watch?v=xuNT2ff0fVo


「トークセッション 加藤巧×岩名泰岳」
トークゲスト:岩名泰岳氏(画家)
収録日・場所:2021年6月27日(日)、the three konohanaにて

現在開催中の加藤巧「Re-touch」展の関連イベントとして、「トークセッション 加藤巧×岩名泰岳」を収録で実施しました。
共に関西圏に近い東海地方に拠点を置き、同世代のペインター(画家)のお二人が、本展の加藤さんの作品を起点に、お互いの制作や活動の環境、絵画制作についての思考や向き合い方など、幅広い対話を展開しました。

 

2021-05-09
《次回展のご案内》加藤 巧「Re-touch」 2021年6月24日(木)~7月18日(日)

2106kato_p_d_f
《Dialogue (P.D.F)》2020【出品予定作品】
顔料、アクリル樹脂(Paraloid B72)、乾性油、蜜蝋、樹脂プラスター、寒冷紗、兎膠、木製パネル  各 47.0 x 33.0 cm [2枚組]

 

the three konohana、次回の展覧会のご案内です。

弊廊では5年ぶりとなる加藤 巧(KATO Takumi, b.1984)の個展「Re-touch」を、6月24日(木)~7月18日(日)の会期で開催いたします。

【詳細はこちら】

Tags:
Posted in NEWS |

 

2021-03-24
森村 誠 展「the Language Study Methods for the Beginners」@SYP GALLERY 開催のご案内 2021年4月8日(木)~5月2日(日)

2103morimura_SYP

森村 誠《Collins Pocket Italian Dictionary (English 16064g, Italian 11969g)》2021
英伊辞典、コニカルビーカー

 

ttkの外部企画のご案内です。
このたび、東京・曙橋のSYP GALLERYにて、森村 誠 展「the Language Study Methods for the Beginners」を4月8日(木)より開催いたします。
ttkは、SYP GALLERYとの2ギャラリー共同企画として本展に関わっています。ぜひご高覧くださいませ。

※ 東京都に発令された緊急事態宣言により、4月28日より休廊しています。今後の予定につきましては、決まり次第ご案内いたします。

—–

森村 誠 展 “the Language Study Methods for the Beginners”

会期:2021年4月8日(木)~5月2日(日) 月・火・水休廊
開廊時間:13:00~19:00
会場:SYP GALLERY(162-0065 東京都新宿区住吉町10-10)
アクセス:都営新宿線曙橋駅A2出口より徒歩4分、都営大江戸線若松河田駅河田口より徒歩12分
オープニングレセプション:4月10日(土)18:00-20:00 (予定)

https://sypgallery.com/

言葉の重みを量ることは、語学初心者用の辞書でも、または学術的な辞書であっても、どんな辞書を使っても変わらず難しいことなのです。

森村 誠

本展では、森村が2012年から継続して制作している「言葉の重みを量るプロジェクト」シリーズの最新作に加えて、過去の作品も共に展示致します。

「言葉の重みを量る」とは一体どういうことなのか。物理的に量れないはずのものを量るにはどうすれば良いのかというシンプルな疑問、そして大学時代の英国留学や国外での制作発表活動を通じて、多くの外国人と出会い積極的にコミュニケーションを重ねてきた私的な経験から、この作品シリーズは出発しています。
この森村の作品は、バイリンガルの辞書の全てのページから漏れなく「g」だけを慎重に切り抜き、その紙片を言語ごとに分けて、瓶に閉じ込めています。さらにその紙片を数えた数字をタイトルに反映することで、本来量ることのできない「言葉の重み」を計量しようと試みているものです。

現在のコロナ禍の中、日本と海外を行き来することが難しい状況になり、外国人と直接コミュニケーションを取る機会は急激に少なくなりました。一方で、オンライン上でのやり取りにシフトしたことにより、SNSやメールなど文字や言葉を扱う機会は普段よりも増えました。つまり、どんな社会状況や環境になっても、他者とコミュニケーションを取ることが当たり前の人類にとって、「言葉の重み」はいつどこでも直面させられるものと言えるでしょう。

森村は、1冊の辞書の制作のために年単位の長い時間を要します。淡々と同じ行為の反復だけで制作する彼の取り組み方にも、「言葉の重み」の性質は明確に現れていると思います。本展タイトルは日本語に訳すと「初心者の為の語学学習法」となりますが、普段の辞書の使い方と明らかに違う方法で制作する森村の姿勢から、この時期だからこそ、改めて言葉を学ぶことの原点に立ち返る機会にもなればと思います。ぜひこの機会にご高覧いただければ幸いです。

Tags:,
Posted in NEWS |