笠間 弥路

2017-01-25
笠間 弥路 「ライオンの家」 展示記録

撮影日:2016年12月22日 撮影:長谷川 朋也

1701kasama_voice01

1701kasama_voice02

1701kasama_voice03

1701kasama_voice04

1701kasama_voice05

 

1701kasama_voice06

1701kasama_voice07

1701kasama_voice08

1701kasama_voice09

1701kasama_voice10

1701kasama_voice40

1701kasama_voice11

1701kasama_voice12

1701kasama_voice13

1701kasama_voice14

1701kasama_voice15

1701kasama_voice16

1701kasama_voice17

1701kasama_voice18

1701kasama_voice19

1701kasama_voice20

1701kasama_voice21

1701kasama_voice22

1701kasama_voice23

1701kasama_voice24

1701kasama_voice25

1701kasama_voice26

1701kasama_voice27

1701kasama_voice28

 

1701kasama_voice29

1701kasama_voice30

1701kasama_voice31

1701kasama_voice32

1701kasama_voice33

1701kasama_voice34

1701kasama_voice35

1701kasama_voice36

1701kasama_voice37

1701kasama_voice38

1701kasama_voice39

 

2017-01-25
笠間 弥路 「ライオンの家」に関する、掲載プレビュー・レビューのご紹介

笠間 弥路 「ライオンの家」展につきまして、各所にてプレビュー・レビューをご掲載いただきました。
主だったご掲載記事を以下にまとめてご紹介させていただきます。当展をご紹介くださったみなさまに、心より御礼申し上げます。

・『美術手帖 2016年12月号』 ARTNAVI(プレビュー/11月17日)

・ブログ「プラダーウィリー症候群(Prader-Willi Syndrome)の情報のメモ」(レビュー/11月5日)
http://d.hatena.ne.jp/prader-willi/20161105/art

 

2016-11-27
本日11/27(日)臨時休廊いたします/明日28(月)振替オープンのご案内

誠に勝手ながら、当方の急な都合により本日11/27(日)は臨時休廊とさせていただきます。

本日ご来廊を予定されていたみなさまには、急な変更によりご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

なお、振替としまして明日11/28(月)は13時~19時でオープンいたします。

みなさまには大変ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

Tags:,
Posted in NEWS |

 

2016-11-14
笠間 弥路「ライオンの家」 会期中休廊期間のご案内 11月15日(火)~23日(水)

news161114

 

現在開催中の笠間 弥路「ライオンの家」は、先般ご案内の通り11月15日(火)から23日(水)まで休廊となっております。
次の開廊日は11月24日(木)でございます。

11月14日(月)は13時~19時で臨時オープンいたします。
(期間中、臨時に開廊する場合がございます。その際はHPやSNSでお知らせいたします。)

みなさまには大変ご不便をおかけいたしますが、何卒お間違えのありませんようにお願いいたします。

11月24日(木)以降は、12月25日(日)まで通常通りの開廊日時となっております。
引き続き、笠間展へのみなさまのお越しをお待ちしております。

Tags:
Posted in NEWS |

 

2016-11-09
「ライオンの家」はじまりました!

161107voice

今年2016年のttkのトリを飾る展覧会は、ttkでは初めてとなる笠間弥路さんの個展です。

本展の作品の大半には、現在自らの手で改装を重ねている笠間さんのアトリエ、自称「Lion House」から取り外した廃材や、その周辺で拾ったものが使われています。作品を制作する上での造形行為と、自らの制作の環境としての「Lion House」を作る行為が並行して行うことで、作品制作の行為と日常および生活の行為が等価でありかつ共存する状況を展示全体で表現しています。本展では手のひらサイズの作品が中心に構成されていますが、両者の概念を意識的につなげていくことで様々な要素が作品に取り込まれ、実際の作品のボリューム以上にその重みや深みを感じていただけると思います。

また、笠間さんのさまざまな素材をつなげることで作品として成立させる手法には、素材と素材の間にある隙間や空間が強調されていて、それが作品や展示空間の造りの随所に見られます。単一の作品内の素材同士の関係性を浮かび上がらせるだけではなく、個々の素材が持つ重力や素材感、さらには展示空間全体で捉えたときの作品同士の関係性にも触れることができます。造形行為を軸に、日常をはじめとした美術以外の様々な事柄を広く巻き込むためのフォーマットを構築していく、そのような意思が展示全体に一貫して見られます。

本展は、個々の作品内での素材の関係、空間全体でみる作品間の関係、ミクロとマクロの視点がふんだんに含まれた構成になっています。一般的な展示以外での活動が目立ったここ数年の笠間さんの思考を、スタンダードな展示の中で整理・集約させ、現在の彼女の方向性を明確に提示した展示になっています。静謐感で統一された展示構成と空間の中で、一つ一つの作品が小さな声でささやき合っているような印象を感じます。一つ一つの作品に耳を傾けるようにご覧いただいて、緊張感と温かみ、空間に漂う対照的な空気感も合わせてお楽しみいただければ幸いです。

Tags:,
Posted in VOICE |

 

2016-11-04
Konohana’s Eye #14 笠間 弥路 「ライオンの家」

1611kasama_banner1

 

笠間 弥路 「ライオンの家」 展示記録

・笠間弥路 展に関する、掲載プレビュー・レビューのご紹介

 

Konohana’s Eye #14
笠間 弥路 「ライオンの家」

2016年11月4日(金)~12月25日(日)

開廊時間:木・金曜 15:00~21:00/土・日曜 12:00~19:00
休廊日:毎週月曜~水曜、11月17日(木)~20日(日)
会場:the three konohana

オープニングパーティー : 11月4日(金) 18:00~

* * *

このたびthe three konohanaでは、弊廊では初めての発表となる笠間 弥路(Miro Kasama, b.1983)の個展を開催いたします。

宮城県に生まれた笠間は、大学院から京都市立芸術大学に進学し、以後は京都を拠点に活動を続けています。近年はギャラリーでの発表の他に、国内外のアーティスト・イン・レジデンスへの参加やワークショップの実施など、幅広いスタンスで制作・発表活動をおこなっています。また昨年は、弊廊の位置する此花区梅香・四貫島エリアのFIGYAとASYL、2つのアーティストラン・スペースでも個展を開催しており、当エリアでの個展は本展で3度目となります。

笠間は、学生時代に学んだ彫刻の思考を軸に、重力や奥行きといった、ものや空間の概念に付随する要素の探究を、一貫して実践してきました。人によって異なり、曖昧な知覚的要素でもあるこれらを、ものとものを繋ぎ合わせる行為を通じて、対象の間にある境界の存在を浮かび上がらせます。そしてその境界から、ものや概念を取り巻く関係性や空間性を、造形行為と同時に立ち上がらせることが、彼女にとっての彫刻の考え方です。その思考に基づいて、立体や平面、単一の素材にとらわれない、多様な形態の作品を制作してきました。

さらにここ数年は、娘の存在が彼女に大きな影響を与えています。子育てによる日常生活の変化や、最も身近な他者としての娘の自我や所作を目の当たりにした経験が、造形の行為に関わる周辺の事柄として、彼女の作品や活動にも包括されていきました。以前と比べてもこの数年は、彼女の作品と活動は多様性に富んだ傾向にありましたが、今後は取捨選択と相対化が徐々に図られていくように思われます。

本展のタイトル「ライオンの家」は、笠間が最近アトリエとして使用している小さな建物の呼称です。制作環境を整えるために彼女自らの手で少しずつ改装を加えながら、場所を作ることと造形することを等価に捉える実践の場としても機能させようとしています。本展は、この「ライオンの家」から取り除いた廃材を素材とした作品によって空間を構成する内容となります。彼女にとって見知らぬ人である前の建物の所有者の記憶を帯びた素材と、それらを繋ぎ合わせる行為を通じて、自己と他者、ものや感覚の関係性や、それら対象の間を埋める隙間や境界線から浮かび上がるイメージを提示していきます。

昨年笠間が個展を開催したFIGYAとASYLも、前の所有者の痕跡と地道に向き合って作られたスペースとして、彼女の「ライオンの家」とも共通する点があります。さまざまな他者が介在しながら、自覚の有無に関わらず、人やものや記憶が繋ぎ合わされて、空間と枠組みが新たに再構築された場という認識で、昨年の此花での2つの展示も対照化できる機会になると思います。他者を巡る社会・日常の諸要素と、造形の行為が静かに並置された環境に身を置きながら、「つくる」行為や、人とものの関係性を細やかに見つめ直すきっかけになれば幸いです。ぜひこの機会にご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

* * *

1611kasama1
[作品群によるイメージ画像] ©Miro Kasama

 

1611kasama2
《となりの宇宙 / A space of someones -Asuka Village-》 2016
ワークショップによる制作物、ドローイング、日記、小石、ガラス片、陶片、空き缶、紙、ゼラチンシルバープリント

 

1611kasama3
笠間 弥路「swimming」展示風景 (ASYL/大阪、2016) [撮影: Phantom Pictures]

 

1611kasama4
《black bird》 鳥の羽根、壁材 18.0 x 9.0 x 7.0 cm 2016

 

1611kasama5
《Fragments》 小石、ガラス片、陶片、その他 9.0 x 10.0 cm 2015 [撮影:ユルキヤスヒト]

 

2016-10-03
《次回展のご案内》 Konohana’s Eye #14 笠間 弥路 「ライオンの家」
2016年11月4日(金)~12月25日(日)

1611kasama1
© Miro Kasama

 

the three konohana、次回の展覧会のご案内です。

「Konohana’s Eye」シリーズの通算第14弾として、彫刻の思考を起点に、物事の狭間にある概念を平面・立体を問わない表現で考察する笠間 弥路(Miro Kasama, b.1983)の、ttkでは初めてとなる個展「ライオンの家」を、11月4日(金)~12月25日(日)の会期にて開催いたします。

【詳細はこちら】

Tags:
Posted in NEWS |

 

2015-11-18
the three konohana 2016年の展覧会スケジュール

来年2016年、ttkにて開催の展覧会スケジュールは、以下の通りになっております。(12/25更新)

2月12日(金)~3月27日(日)
Konohana’s Eye #11 鮫島 ゆい

4/15(金)~5/29(日)
Gallerist’s Eye #2 藤崎 了一

6/17(金)~7/31(日)
Konohana’s Eye #12 加藤 巧

9/2(金)~10/16(日)
Konohana’s Eye #13 小松原 智史

11/11(金)~12/25(日)
Konohana’s Eye #14 笠間 弥路

[※ 都合により、会期が若干変更になる場合がございます。]

ttk4年目の来年は、初年度以来久々にGallerist’s Eyeを開催できる運びとなりました。それによって、2016年は初めて全ての展示を個展にて開催する運びとなりました。

来年2016年のttkの展覧会も、多くのみなさまにご来廊、ご高覧くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2013-04-01
笠間 弥路 Miro Kasama
- artist -

kasama_profile

 

1983
・宮城県生まれ(現在京都府在住)

2006
・多摩美術大学 美術学部彫刻学科 卒業

2007
・Ecoles Nationale Supérieur des Beaux Arts de Paris交換留学

2008
・京都市立芸術大学大学院 美術研究科彫刻専攻 修了

 

[主な個展]
2010
・「異空と境界」 GALLERY 301(兵庫)

2011
・「屋根の下と、眠る人へ、」 GALLERY 301

2015
・「となりの宇宙」 FIGYA(大阪)
・「If my house fall down, the grass will grow there.」 GALLERY 301
・「Swimming」 ASYL(大阪)

2016
「ライオンの家」 the three konohana(大阪)

 

[主なグループ展]
2011
・「ユートピアのお知らせ」 アキバタマビ21、3331 Arts Chiyoda(東京)

2012
・「Les Phénomènes s’émurent  – 一切の事象が蠢きはじめた-」  京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(京都)

2013
・「KYOTO STUDIO」 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
・「Art Court Frontier 2013 #11」 ARTCOURT Gallery (大阪)

2014
・「飛鳥アートヴィレッジ 宙の土 土の宙 ーそらのつち つちのそらー」 奈良県立万葉文化館
・「ACG eyes 6 : 吉岡千尋、宮田雪乃、笠間弥路 ― 二次元地層学ー」 ARTCOURT Gallery

2016
・「明日香の匠展」 奈良県立万葉文化館
・「ESCAPE 2016 : I LOVE YOU VIRUS」 98B COLLABoratory(マニラ/フィリピン)
・「ROLE PLAY」 LOAD NA DITO (大阪)

 

[アーティスト・イン・レジデンス]
2014
・「飛鳥アートヴィレッジ」(明日香村/奈良)

 

[作家HP] http://miro-kasama.jimdo.com/

 

kasama1
≪swimming≫ 紙にペン、カラープリント、アクリル 2015 [撮影:ユルキヤスヒト]

 

 

kasama2
《untitled》 紙にペン、テープ、アクリル、木、その他 2015